水圧破砕規制への米国民の支持率、56%に低下-世論調査

米国のエネルギー価格を低下させる 一方、飲料水への影響が懸念されている天然ガス掘削技術の水圧破砕に ついて、規制強化への支持率が低下していることが、ブルームバーグの 世論調査で明らかになった。

21-24日に行われた調査では、規制強化への支持率は56%で3月時 点の65%から低下した。逆に規制緩和への支持率は3月の18%から29% に上昇した。

ガス価格は水圧破砕による増産で2008年7月以降で76%下落した。 オバマ米大統領は1月24日の一般教書演説で、水圧破砕事業は20年末ま でに60万人以上の雇用を支えるとの見通しを示した。

業界団体マーセラス・シェール連合のキャサリン・クラバー会長は 電子メールで、ガス生産の有益性を認める人が増えており、「この本当 に歴史的な機会に対して人々の支持が高まっていくだろう」と述べた。

原題:Support Slips for More Rules as Gas-Fracker Campaign Pays Off(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE