残存12-16年ゾーンに投資妙味、傾斜化で割安-プルデンシャル坂口氏

プルデンシャル・インベストメン ト・マネジメント・ジャパンの坂口憲治投資運用本部長は、2012年度下 期の債券投資戦略について、利回り曲線上で割安感がある残存期間12年 から15、16年ゾーンへの投資妙味が高いとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。