シャープ幹部:鴻海との交渉、3月まで難航も-台湾当局の懸念で

シャープ幹部は28日、台湾・鴻 海精密工業との資本提携見直し交渉が、契約当時の期限である来年3月 まで長引く可能性があるとの認識を示した。台湾の当局が、経営不振に 陥っているシャープへの投資が鴻海グループ企業の株価に響くと懸念し ているためだ、としている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。