日本株反落、景気や業績懸念で自動車、海運など幅広く下げ-内需も

東京株式相場は反落。8月の日本 の鉱工業生産指数が低下するなど景気、企業業績に対する不透明感が 根強い上、中国の景気減速や日中関係悪化の影響も懸念された。業績 不安からホンダなど輸送用機器、海運株の下げが目立ち、金融など内 需関連株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。