債券は上昇、景気懸念や株価反落で-長期金利は1カ月半ぶり低水準

債券相場は上昇。8月の鉱工業生産 指数が予想を下回る低下となり、景気懸念が強まったことを受けて、国 内株価が反落し、先物や中長期債などで買いが優勢となった。長期金利 は1カ月半ぶりの低水準を付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。