住友鉱社長:来年秋に比ニッケル生産開始へ、襲撃による遅れ軽微に

住友金属鉱山の家守伸正社長はブル ームバーグとのインタビューで、ニッケルの中間原料を生産するフィリ ピンのタガニート・プロジェクトが2013年秋にも商業生産を始める見通 しを示した。施設を破壊されるなどの襲撃を受け操業開始の遅れも当初 懸念されていたが、被害を受ける前の計画と比べて1-2カ月の遅れに とどまりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。