日本経済に下振れ懸念、生産低下し求人も足踏み-海外減速など影響

日本経済に下振れ懸念が出てい る。28日公表された国内統計は、生産指数が2カ月連続で低下したほ か、改善傾向にあった新規求人も足踏み。デフレを反映し、消費者物価 も4カ月連続の前年割れとなった。海外経済の好転などがみられなけれ ば、年度後半にかけて一段と厳しい状況も予想されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。