イタリア首相:債券購入の要請国に追加条件課すべきではない

イタリアのモンティ首相は、欧州中 央銀行(ECB)は債券購入プログラムを活用する国に追加の経済的条 件を課すべきではなく、これらの国を監視する役割を国際通貨基金( IMF)が担うべきではないとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。