米セントルイス連銀総裁:新たな債券購入策は待つべきだった

米セントルイス連銀のブラード総裁 は、世界経済の状況がより明確になるまで新たな債券購入プログラムに ついて「様子見姿勢」を取るべきだったとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。