ESMの対象は銀行監督一元化後の救済に限定-フィンランド

フィンランドのウルピライネン財務 相は、ユーロ圏の恒久的な救済基金である欧州安定化メカニズム (ESM)による銀行への直接の資本注入を、金融機関を一元的に監督 する機関が設立された後で発生する銀行救済に限定したい考えを表明し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。