加RIM:6~8月は市場予想より小幅な赤字-海外で利用者増

カナダのリサーチ・イン・モーショ ン(RIM)の6-8月(第2四半期)決算は、アナリストの予想より 小幅な赤字となった。インドや南アフリカ共和国、インドネシアなど海 外市場でのスマートフォン(多機能携帯端末)「ブラックベリー」利用 者の伸びが追い風となった。株価は時間外取引で一時25%上昇した。

27日の発表資料によると、一部項目を除いた1株利益は27セントの 赤字。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は47セントの赤字 だった。売上高は31%減の28億7000万ドル(約2200億円)。アナリスト 予想は24億7000万ドルだった。

RIMは、米国ではアップルの「iPhone(アイフォーン)」 やグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマート フォン端末に顧客を奪われているものの、アジアやアフリカの低所得者 市場では顧客を獲得できることを今回の決算は示している。RIMの現 金・投資は8月末までに23億ドルと、3カ月前の22億ドルから増加。こ れは、20億ドル未満への減少を予想していた一部のアナリストを驚かせ た。

決算発表を受け、RIMの株価は時間外取引で一時8.90ドルに上 昇。ニューヨーク市場での通常取引終値は7.14ドルだった。この1年間 では68%下落している。

原題:RIM Posts Narrower Loss Than Estimated Amid Overseas Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE