NY外為:ユーロが対ドルで上昇-スペインの緊縮策第5弾で

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対して上昇。スペインが5回目となる財政緊縮パッケージ を発表したことで、救済を要請した場合の条件を満たせるとの観測が広 がった。

ドルは主要16通貨全てに対して下落。この日発表された米新規失業 保険申請件数は予想以上に減少。高リスク資産の需要が高まり、株式・ 原油相場は上昇した。ユーロは一時2週間ぶり安値を付けたが、その後 は値上がり。欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレーン委 員(経済・通貨担当)は電子メールでスペインの予算案について、EU が示す国別の推奨に対応しており、一部はそれを上回る内容だと評価し た。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は「今見られている要素はスペイ ンが救済を受ける可能性を高めるもので、前向きだ」とし、「これは市 場が聞きたかったニュースであり、好意的に受け止められている」と続 けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.3%高 の1ユーロ=1.2913ドル。一時1.2829ドルと、12日以来の安値となっ た。ユーロは対円では0.1%上げて1ユーロ=100円20銭。円は対ドル で0.2%上げて1ドル=77円61銭。

S&P500種株価指数は1%高。ニューヨーク原油先物相場も値上 がりした。

主要通貨の動き

ブルームバーグ相関加重通貨指数によると、ユーロは年初以 降3.3%下落と、先進10カ国通貨中で円に次いで2番目に大きい下げと なっている。ドルは2.9%安。

ニュージーランド(NZ)ドルは今月、米ドルに対し3.5%上昇 と、主要通貨中で最大の上げ。一方、上昇率が最も小さいのはブラジ ル・レアルで、0.1%未満の上げにとどまっている。

7-9月(第3四半期)では、スウェーデン・クローナが6.1%高 と、主要通貨中で最大の上げ。一方で最も下げているのはレアルで、 1%安となっている。

レアルは対ドルで年初以降8%下落。下落率は第2位の南アフリ カ・ランドの4倍余りに及ぶ。年初来で最も上げているのはメキシコ・ ペソで8.6%高。

JPモルガン・チェースによると、主要7カ国(G7)通貨のイン プライド・ボラティリティ(IV)指数は7.85に低下。13日には7.75 と、07年10月以来の低水準を付けた。

スペイン緊縮策

スペイン内閣は、財政赤字を縮小させるため宝くじの賞金に対する 新税導入や各省庁の支出削減を盛り込んだ13年予算案を承認した。13年 の財政赤字目標は国内総生産(GDP)の4.5%。12年の目標は対 GDP比で6.3%としている。25%に達している高失業率が市民を抗議 行動にかき立てる中で、一段の緊縮はリセッション(景気後退)をさら に悪化させる恐れもある。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの主任市場アナリス ト、オマー・エシナー氏は「市場はスペインが救済要請に近づいている という、より明確なシグナルを求めていたかもしれない」としながら も、「スペインによる最終的な救済要請の下地がある程度できていると いうのが現状だ」と述べた。

原題:Euro Rises Against Dollar as Spain’s Plan Bolsters Bailout View(抜粋)

--取材協力:John Detrixhe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE