NY原油:反発、中国の追加刺激観測とスペイン予算承認で

ニューヨーク原油相場は反発。8 週間ぶりの大幅高となった。中国が追加刺激を講じるとの観測と、スペ インが2013年緊縮予算を承認したことが買いを誘った。

中国が景気浮揚のための措置を発表するとの観測が報じられ、株式 相場は世界的に上昇。スペインのラホイ首相は2013年の財政赤字を少な くとも180億ユーロ削減すると公約している。ガソリン価格が1カ月ぶ り高値を付けたことも、原油買いを活発にした。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は、「原油は株式とともに反発した。中国が 景気浮揚を目指して行動を起こすとの見方に支えられたほか、スペイン の予算発表が前向きな展開と受け止められた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前日 比1.87ドル(2.08%)高の1バレル=91.85ドルで終了。8月3日以来 の大幅上昇。月初来では4.8%安。7-9月(第3四半期)入りしてか らは8.1%上昇している。

原題:Oil Climbs Most in Eight Weeks on China Speculation and Spain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE