OPEC:原油輸出縮小へ、中国需要の減少が響く

石油コンサルタント会社オイル・ム ーブメンツによると、来月にかけて石油輸出国機構(OPEC)の原油 輸出量は減少する見通しだ。中国の需要が減退しているほか、製油所が 点検期間に入ることを受けたもの。

オイル・ムーブメンツの27日付リポートによると、世界の石油供給 の4割を占めるOPECは、10月13日までの4週間で日量2366万バレル の原油を輸出する予定で、前月の2395万バレルから1.2%減少する見込 み。データにはエクアドルとアンゴラは含まれていない。

オイル・ムーブメンツの創業者、ロイ・メーソン氏は英ハリファク スから電話取材に応じ、「大きな要因は中国の需要が弱まってきたこと だ」と指摘。「中国の輸入は9月にも減少する見通しで、10月にさほど 増加する気配もない。かなり大きな需要の下支えが失われた格好だ」と 述べた。

原題:OPEC to Trim Exports as China Demand Drops, Oil Movements Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE