米GDP確定値:第2四半期は1.3%増-0.4ポイント下方修正

第2四半期(4-6月)の実質国内 総生産(GDP)確定値は改定値から下方修正された。個人消費の伸び 悩みと農業在庫見通しの下方修正が影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。