米トウモロコシ供給、昨年の消費量下回る見通し-16年ぶり

米国のトウモロコシ供給が昨年の国 内消費量を下回る見通しだ。予想通りなら過去50年で3度目。中西部が 干ばつに見舞われ、オハイオ州やネブラスカ州などの産地で穀物に被害 が出たためだ。米国は世界最大のトウモロコシ生産・輸出国。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。