インドが国有企業の株式売却日程を検討、まずNTPC-関係者

インド政府は財政赤字削減に向けた 取り組みを強化し、国有企業の株式売却を定期的に実施すること検討し ている。

非公開情報だとして当局者2人が匿名を条件に語ったところによる と、財務省は予定される株式売却の計画を検討中。当局者の1人による と、最初に株式が売却されるのは同国最大の発電会社NTPCになると いう。

インドは主要新興国で財政赤字が最悪の状況にあり、今月は約1年 ぶりにディーゼル油の値上げを実施した。財政赤字を縮小させて信用格 付けの引き下げを回避したい同国政府は、今年4月1日からの1年間に 株式売却を通じて3000億ルピー(約4400億円)の調達を目指している。

STCIプライマリー・ディーラーのエコノミスト、アモル・アグ ラワル氏は「この戦略は市場のセンチメントを回復させるためのよう だ」と述べ、「実際に売却していくのは大変だろう。インド政府は赤字 削減に向けた長期計画を提示する必要がある」と指摘した。

当局者の1人によると、検討中の計画では、政府が90%以上出資す る9社の株式が2013年6月30日までに売却される。売却は毎月もしくは 2週間ごとという一定の間隔で実施されると、2人の当局者が語った。

SMCグローバル・セキュリティーズによれば、インド政府が90% 以上出資しているのは、HMT、ファーティライザーズ&ケミカルズ・ トラバンコア、スクーターズ・インディアなど12社。

原題:India Said to Mull Calendar for Share Sales Starting With NTPC(抜粋)

--取材協力:Anto Antony、Kartik Goyal.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE