アジア株:上昇、中国の刺激策観測で-中国海外発展など高い

27日のアジア株式相場は上昇。中国 の工業利益が減少したことで、温家宝首相に対する景気てこ入れ策強化 の圧力が強まった。

香港に上場する中国本土の不動産開発会社で最大手、中国海外発展 は1.7%高。ルネサスエレクトロニクスも上昇。同社に対して官民ファ ンドの産業革新機構が大手メーカーと共同で検討している出資の総額 が、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が 提案する出資額を上回る可能性があると共同通信が報じたことが手掛か り。一方、ニトリホールディングスは上期利益がアナリスト予想を下回 ったことで下落した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時29分現在、前日 比0.9%高の122.58。日経平均株価の終値は43円17銭(0.5%)高の8949 円87銭。

ラッセル・インベストメント・グループのチーフ投資ストラテジス ト、アンドルー・ピース氏(シドニー在勤)は、「相場上昇につながる 可能性のある大型の景気刺激策が、明るい材料になるだろう」と指摘。 「実際は刺激策をそれほど実施したいわけではないことが示唆されてい る。指標には、年末までに経済成長が落ち着き始めるという証拠が多少 みられる。リスク材料は、中国の指標が年末や2013年1-3月(第1四 半期)に入っても弱含み続けることだ」と述べた。

原題:Asian Stocks Advance on Prospects for Chinese Stimulus Measures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE