独財務次官:ユーロ圏国債スプレッド、2000年以前の通常の状態を反映

  ドイツのシュテフェン財務次官 は、ユーロ圏の国債の利回りスプレッドについて、2000年よりも前の 「通常の状態」に近いとの認識を示した。

・ユーロ圏はより現実的なリスク評価が行われる状況に戻りつつある

が、各国政府が共に闘うべき「行き過ぎ」が存在 ・ベルリンでのスピーチで発言 ・備考:スペインの10年国債利回りは6%を突破し、欧州中央銀行(E

CB)のドラギ総裁が高債務国の国債を購入する用意があると表明

するよりも前の水準に近づいた

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE