米水圧破砕:ワイオミング州でディーゼル化合物を検出

米地質調査所(USGS)はワイオ ミング州パビリオンの水質検査でメタン、ディーゼル化合物、その他の 炭化水素を検出したと発表した。同地域ではガスの掘削と水圧破砕で飲 用水が汚染されたと住民から苦情の声が上がっている。

USGSは、環境保護局(EPA)が昨年、水圧破砕に関連した汚 染の可能性を指摘した井戸の水質を再検査した。EPAの報告に関して は州当局と掘削業者のカナダのエンカナが異議が申し立てていた。 USGSの広報担当者、アリシャ・ジョンソン氏は電子メールで、 EPAの報告と「おおむね同じ内容」になったと述べた。エンカナは USGSの再検査に不備があると主張している。

EPAが昨年12月に発表した報告では、政府が初めて水圧破砕と水 質汚染を関連付けた。USGSは州当局に提出されたこの検査結果につ いては分析や判断を行っていないと述べた。

ワイオミング州のマット・ミード知事は「今回のデータの分析が出 るのを待っている」とした上で、EPAの報告に対する外部機関の意見 を「周知する助けとなろう」との声明を発表した。

原題:Diesel Compounds Found in Water Near Wyoming Fracking Site (2)(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE