アイルランド副首相:銀行支援めぐる合意、白紙に戻ることない

アイルランドのギルモア副首相は26 日、銀行救済に伴う同国債務の削減に道を開いたユーロ圏首脳会議の合 意について、白紙に戻ることはないと強調した。ドイツを中心とする反 対意見で頓挫するとの懸念を和らげようとした。

ギルモア副首相はニューヨークでブルームバーグ・ニュースのイン タビューに応じ、「6月に決着したことが、欧州連合(EU)が正式に 合意した立場だ」と発言。「これは決着した合意済みの立場であり、わ れわれはそれを基に他の加盟国や欧州の機関と協議を進めてきた。この 立場が一部の声明によって変わることはない」と説明した。

アイルランド国債相場は26日に大きく下落した。ドイツとオラン ダ、フィンランドの財務相が25日の声明で、ユーロ圏の救済基金による 銀行への直接資本注入に道を開いた6月の合意から後退したと取れる姿 勢を示したことがきっかけ。財務相らの声明は、「過去の資産」は救済 基金の責任範囲から除外すべきだとした。

ギルモア副首相はインタビューで、「われわれは、一部の閣僚が出 した声明と、域内全ての国の閣僚ないし首脳による正式な合意とを区別 する必要がある」とした上で、「言語などの違いにより、われわれは、 特定の語や文言にとらわれ過ぎたり深読みすることがしばしばある」と 指摘した。

アイルランドは欧州首脳に対し、銀行救済コスト引き下げを支援す るよう働き掛けている。同国政府が負担するコストは640億ユーロ(約 6兆4000億円)で、国内大手6行のうち5行を実質国有化している。

同国経済は2008年の不動産バブル崩壊で破綻寸前に追い込まれた。 これに現在、救済コストが追い打ちをかけている。8月の失業率 は14.7%と、07年の3倍に上昇。08年から15年までの財政緊縮の規模 は300億ユーロ余りと、国内総生産(GDP)の約20%に相当する。

原題:Irish Debt Deal Won’t Unravel Amid German Dissent, Gilmore Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE