日本株反発、医薬品などディフェンシブ高い-化学やSNSは売り

東京株式相場は反発。欧州の景気 や債務問題への警戒、円高傾向を受け企業業績の不透明感が強い中、 医薬品や食料品、電気・ガスといったディフェンシブ業種が高い。中 国の景気対策への期待で、機械など輸出関連株の一部も出直った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。