長期金利は1カ月半ぶり低水準、欧州懸念の再燃で債券買いが先行

債券市場では長期金利が一時1カ月 半ぶりの低水準を付けた。欧州債務問題に伴う景気懸念から前日の米国 市場で株安・債券高が続いた流れを引き継いで買いが先行した。ただ、 取引が進むにつれて高値に対する警戒感も出て上げ幅は縮小した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。