野田首相:尖閣で妥協しない-領土、領海を守るとNYでアピール

野田佳彦首相は、中国が領有権を主 張している尖閣諸島は日本固有の領土であり領有権の問題は存在しない という立場から妥協するつもりはないことを明らかにした。ニューヨー クでの26日の記者会見で語った。会見はNHKが中継した。

首相は尖閣諸島に関して中国に妥協する可能性について聞かれ、同 諸島は「歴史上も、国際法上も我が国の固有の領土であるということは 明々白々だ」と指摘。その上で、「領有権の問題は存在しないというの が基本であり、そこから後退をする妥協ということはあり得ない」と明 言した。

尖閣、竹島をめぐる問題で悪化している日中、日韓関係について 「お互いに大局観を見失わずに意思疎通を図ることがとても大事だ。問 題解決は力によるものではなくて、あくまで国際法にのっとって冷静に 対応していくことが何よりも基本だ」と語った。

また、26日に就任した自民党の安倍晋三総裁と電話会談し、民主、 自民の新体制発足後に党首会談を開催したい考えを伝えたことも明らか にした。

これに先立ち、野田首相は国連総会で演説し、「領土、領海を守る ことは国家としての当然の責務だ。日本もそのような責務を国際法にの っとって果たしていく」と主張した。

中国、韓国について直接は言及しなかったが、「自らの主義、主張 を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試みは国連憲章の基本的 精神に合致せす、人類の英知に反するもので決して受け入れられるもの ではない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE