NY原油(26日):続落、終値で90ドル台割れ-需要減を警戒

ニューヨーク原油相場は続落。ほ ぼ8週間ぶりに1バレル=90ドルを割り込んで引けた。需要の低下を示 す米統計と、欧州危機の悪化で消費が冷え込むとの不安が売りを誘っ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。