NY金:反落、ドル上昇で需要が後退-欧州危機の悪化を懸念

ニューヨーク金先物相場は反落。 2週間ぶりの安値に下げた。スペインで危機が悪化しているとの見方か らドルが上昇し、代替投資としての金需要が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。