9月26日の欧州マーケットサマリー:株が大幅安、スペイン債下落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2862   1.2899
ドル/円             77.77    77.80
ユーロ/円          100.03   100.36


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  270.72     -5.06    -1.8%
英FT100     5,768.09   -91.62    -1.6%
独DAX      7,276.51   -148.60   -2.0%
仏CAC40    3,414.84   -98.97    -2.8%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .04%        -.03
独国債10年物     1.46%       -.13
英国債10年物     1.69%       -.13


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,744.75    -26.75   -1.53%
原油 北海ブレント        109.06     -1.39    -1.26%

◎欧州株式市場

26日の欧州株式相場は2カ月ぶりの大幅下落。米フィラデルフィア 連銀のプロッサー総裁が量的緩和第3弾(QE3)について、成長や雇 用を押し上げる可能性は低いとの認識を示したことが売り材料。

スペイン政府の2013年予算案発表を翌日に控え、同国の建設株が売 られ、アクシオナは9.9%安。スペイン最大の銀行、サンタンデール銀 行は4.5%の値下がり。石炭減産計画を明らかにした英鉱山会社アング ロ・アメリカンは3.7%下げた。

ストックス欧州600指数は前日比1.8%安の270.72で終了。7月23日 以来で最も下げた。6月4日に付けた年初来安値は16%上回っている。 欧州中央銀行(ECB)による国債購入計画が相場を支え、指数構成銘 柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は12倍と、2010年以来の最 高水準に近い。

アリアンツ・グローバル・インベスターズでグローバル最高投資責 任者(CIO)を務めるアンドレアス・ユーターマン氏はテレビインタ ビューで、「相場は向きを変え始めた」と指摘。「芳しくないマクロ経 済という現実に市場は直面している。QE3の発表が済み、現実の世界 に引き戻された。金融緩和は必ずしも成長を生み出さない」と語った。

フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁は、25日の欧州取引終了後 の講演で、米連邦公開市場委員会(FOMC)が今月決定したQE3は 金融当局の信頼性を脅かしかねないと述べた。

この日の西欧市場では、ギリシャを除く17カ国で主要株価指数が下 落した。

原題:European Stocks Drop Most in Two Months; Spanish Builders Plunge(抜粋)

◎欧州債券市場

26日の欧州債市場ではスペイン国債が下落、10年債利回りは約8 週間ぶりの大幅上昇となった。ドイツとオランダ、フィンランドは銀行 の資本増強において各国政府の負担を増やすべきだとの考えを示した。

イタリアとアイルランドの国債も軟調。ドイツとオランダ、フィン ランドの財務相らは25日遅くに、恒久的救済基金の欧州安定化メカニ ズム(ESM)は銀行の資本増強に関して「最後の手段としてのみ」活 用されるべきだとの考えを示した。スペインのカタルーニャ自治州首相 が同日に自治権拡大を求めて州議会選挙の前倒し実施を決めたことも同 国債への重しとなった。

ドイツ政府がこの日実施した10年債入札で応札額が目標を下回っ たものの、既発のドイツ国債相場は上昇した。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)の債券ストラテジス ト、リチャード・マクガイア氏は「悪いニュースが次から次へと出てく る」と述べ、ESMに関する声明は「スペインが自国の銀行救済で抱え 込む負担を軽くできるかどうか、見通しを不安にさせる」と続けた。

ロンドン時間午後4時6分現在、スペイン10年債利回りは前日比 32ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の6.06%。上昇 幅は8月2日以来で最大。同国債(表面利率5.85%、2022年1月償 還)価格はこの日、2.225下げ98.47。

ドイツ10年債利回りは前日比13bp低下し1.46%。一時は14 bp低下し、先月2日以降で最大の下げとなった。

イタリア10年債利回りは10bp上昇の5.20%。2020年10月 償還のアイルランド国債の利回りは13bp上げ5.17%。

原題:Spanish Bonds Slide on Call for Bank Bailout Limits; Bunds Gain(抜粋)

◎英国債市場

26日の英国債相場は上昇し、10年債利回りが約4カ月ぶりの大幅 低下となった。ユーロ圏の債務危機収束に向けた対応が遅過ぎるとの見 方から、比較的安全とされる英国債の需要が高まった。

指標の10年債利回りは2週間ぶり低水準を付けた。スペインでは 25日にマドリードでデモ隊が治安当局と衝突したほか、カタルーニャ 州のマス首相が自治州自決を求め州議会選挙の前倒し実施を決めた。

ドイツ銀行の欧州金利戦略責任者、モヒト・クマール氏は「スペイ ン情勢が英国債の需要を支える要因となっている」と指摘。「現行水準 で英国債は割高だが、スペインをめぐる不透明感から現時点でショート (売り持ち)にしようという議論にはならない」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、英10年債利回りは前日比13ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.69%。下げ幅は一時 14bpまで広がり、5月30日以降で最大となった。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、1.145上げ100.52。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのまとめた指数に よると、英国債の6月末以降のリターン(投資収益率)は25日時点 で0.4%。これに対しドイツ国債は0.5%となっている。

原題:U.K. Gilt Yields Drop Most in Four Months on Europe Debt Concern(抜粋)

Editor:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE