信用リスクが上昇、カタルーニャと銀行問題がスペインを挟撃

26日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で国債と社債を保証するコストが上昇した。スペ インのカタルーニャ州が自治権の拡大を目指して選挙の前倒し実施を決 めたことに加え、ドイツとオランダ、フィンランドからは銀行救済での 欧州安定化メカニズム(ESM)の役割を限定するべきだとの発言が出 たことで、スペインは政治と経済両面の危機の挟み撃ちに合った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。