インド株:センセックス下落、行き過ぎ感で-ブハルティ安い

26日のインド株式相場は反落。セン セックス30種指数が下落して取引終了したのはこれで、今週に入って2 日目となった。経済改革を期待した最近の相場上昇でバリュエーション (株価評価)は6カ月ぶり高水準に達しており、警戒感が根強い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比62.24ポイント (0.3%)安の18632.17で終了した。

前日の終値ベースで、指数構成銘柄の株価収益率(PER、予想収 益ベース)は6カ月ぶり高水準の14.8倍、同指数の相対力指数 (RSI、14日間ベース)は72となった。一部投資家はRSIが70を上 回ると、売りのシグナルと見なす。

携帯電話サービスでインド最大のブハルティ・エアテルは1カ月ぶ りの大幅安。英高級車メーカー「ジャガーランドローバー」を傘下に置 くタタ・モーターズは2週間ぶり安値を付けた。

原題:India’s Sensex Drops for Second Day This Week; Bharti Leads Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE