イッシング氏:債券購入計画でECBは信用失うリスク-独紙

欧州中央銀行(ECB)の元チーフ エコノミスト、オトマー・イッシング氏はドイツ紙ウェルトに対し、ド ラギ総裁が債券購入プログラムを発表したことを受け、ECBは信用を 失うリスクにさらされていると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。