ユーロ圏にインフレの危険ない-ビニスマギ氏が独紙に寄稿

  欧州中央銀行(ECB)ビニス マギ元理事は、独紙ハンデルスブラットに寄稿し、ユーロ圏では向こう 2-3年はインフレリスクが現実のものにならないとの見解を示した。

・ECBはこれまで金融引き締めが遅過ぎるというよりは性急過ぎた ・ECBは国債購入を行う場合の影響を不胎化するだろう ・ユーロ圏には各国政府が公的債務を確実に削減していくためのしっか

りした「制度的枠組み」が存在

原題:Ex-ECB’s Bini Smaghi Doesn’t See Inflation Danger: Handelsblatt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE