BYD株が半年ぶり大幅安、目標株価引き下げで-香港市場

26日の香港株式市場では、投資家ウ ォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウ ェイが一部出資する中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD)が半年ぶ りの大幅安となった。CLSAアジアパシフィック・マーケッツが同社 の目標株価を94%引き下げたことが響いた。

BYDの株価は香港時間午前11時32分(日本時間午後0時32分)現 在、前日比9.7%安の13.28香港ドル。このままいけば終値ベースでは3 月6日以来の大幅な下げとなる。CLSAはBYDの1年間の目標株価 を0.41香港ドルと、従来の7.40香港ドルから引き下げた。

CLSAのアナリスト、スコット・ラップライズ氏(北京在勤) は25日の調査リポートで、「携帯電話部品や充電式電池、新エネルギー といった事業の悪化で、同社の業績が一段と悪化する公算は大きい」と して、今後のプラス要因はほとんど見込めず、売りの株式投資判断を堅 持していると説明した。

BYDの広報担当ベロニカ・チアン氏のコメントを求めて2回電話 したが、今のところ応答はない。

原題:Buffett-Backed BYD Falls as CLSA Cuts Share-Price Target 94% (1)(抜粋)

--取材協力:Michael Patterson、Noah Buhayar、Tian Ying.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE