日中外相がニューヨークで会談-中国側は「厳正な姿勢」示す

日中両国の外相が25日、領土問題を めぐる緊張激化を和らげることを狙いニューヨークで会談した。両国間 の論争によってアジアの二大経済大国である日中間の貿易は打撃を受け つつある。

中国の楊潔チ外相と日本の玄葉光一郎外相は国連総会出席のために 訪れているニューヨークで会談に臨んだ。中国国営の新華社通信による と、楊外相は東シナ海の島をめぐる問題で「厳正な姿勢」を示した。共 同通信によると、玄葉外相は記者団に対し、会談の雰囲気は厳しかった と述べた。

日本政府による尖閣諸島(中国名・釣魚島)購入によって2005年以 降で最悪の日中の外交関係はさらに深刻化、3400億ドル(約26兆4500億 円)規模の両国の貿易関係が脅かされている。中国での抗議行動のため に日本企業の業務が打撃を受けている。

原題:China-Japan Foreign Ministers Meet as Island Tensions Hurt Trade(抜粋)

--取材協力:Huang Zhe、John Brinsley.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE