スペインのカタルーニャ州が新たな戦場に-債務危機との闘いで

スペインのラホイ首相とカタルーニ ャ州首相との対立が、債務危機打開に向けた欧州の取り組みで新たな問 題に浮上してきた。

カタルーニャ州のマス首相は25日、同州選挙を前倒しすると発表し た。マス首相は自治州により多くの税収を配分するよう求めていたが、 ラホイ首相は5日前に同提案を拒否。マス首相は「自ら決する」時が来 たとして、選挙を11月25日に実施することを決めた。

こうした動きは、スペイン経済がリセッション(景気後退)に陥り 失業率が25%に上る中で、ラホイ首相に憲法上の問題を突きつける恐れ がある。同首相は、過去最大規模の緊縮策受け入れを国民に求めるとい う難しい職務を負うとともに、全面的救済を要請するかどうかの判断が 遅いとドイツの不満を買っている。マドリードでは25日に、警官隊とデ モ隊が衝突が起きており、ラホイ首相はマス首相の動向について反応は 示していない。

マドリードにあるカルロス3世大学のケン・ドゥービン教授(政治 学)は、こうした展開は「現時点で、ラホイ首相にとって最も必要のな い物であり、欧州にとってもそうだ」と述べた。

カタルーニャ州の州都バルセロナでのマス首相の発表から数時間 後、マドリードでは数万人がデモを行った。警棒を振りかざす警官隊に 対し、デモ隊は物を投げるなどして抵抗。警官当局の報道官が匿名で語 ったところによると、15人が逮捕され、警官1人を含む9人が負傷し た。バロセロナでは今月これまでに、延べ100万人余りが独立を求める デモに参加している。

原題:Rajoy Nemesis Opens Catalonia Front in Europe Debt-Crisis Fight(抜粋)

--取材協力:Jennifer M. Freedman、Ben Sills.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE