シティCEO退任求めるFDIC総裁に財務長官が抵抗-回想録

ガイトナー米財務長官は2009年の前 半に米銀シティグループのビクラム・パンディット最高経営責任者 (CEO)を交代させようとしていたベアー連邦預金保険公社 (FDIC)総裁(当時)の取り組みに抵抗していた。ベアー氏の金融 危機回想録で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。