NY原油時間外:7週間ぶり安値-在庫増と米連銀総裁発言で

ニューヨーク原油先物相場は26日の 時間外取引で下落し、7週間ぶり安値を付けた。米石油協会(API) の先週の原油在庫が増加したほか、フィラデルフィア連銀のプロッサー 総裁が新たな量的緩和策について、経済成長を押し上げないとの見通し を示したことが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。