コーカー米議員:QE3はFRB議長の長くとどまり過ぎ示す

ボブ・コーカー米上院議員(共和、 テネシー州)は、量的緩和第3弾(QE3)を実施するとした米金融当 局の決定は、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が「長く とどまり過ぎた」ことを示すと指摘した。同議員は連邦準備制度の監督 権限を有する委員会のメンバー。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。