ユーロが約2週間ぶり100円割れ、欧州景気の先行き不透明感で

東京外国為替市場では、午後の取引 でユーロが1ユーロ=100円を割り込んで、13日以来の安値を更新。ス ペインやギリシャを中心とした債務問題がくすぶる中、ユーロ圏全体の 景気に先行き不透明感が強まっており、警戒感からユーロ売り圧力が強 まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。