日経平均9000円割れ、景気懸念と配当落ち影響-輸出など幅広く売り

東京株式相場は急反落し、日経平 均株価は約2週間ぶりに9000円割れ。フィラデルフィア連銀総裁が金 融当局の政策効果に慎重な見解を示すなど米国景気、為替の円高に対 する懸念が広がったほか、9月期末の配当権利落ちも響いた。電機な ど輸出関連、卸売など資源関連中心に全33業種中、32業種が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。