米社債保証コスト、ほぼ変わらず-クレジットデリバティブ

26日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが前日からほぼ変 わらず。債務危機が悪化しつつあるとの懸念を背景に欧州株は2カ月ぶ りの大幅安となった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドはニューヨーク時 間午後4時6分(日本時間27日午前5時6分)現在、102.6ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)。一時105.5bpまで上昇した。

スペイン銀行(中央銀行)は同国経済が7-9月(第3四半期)も 「著しいペース」で縮小したとの判断を示し、金融危機が企業のバラン スシートに打撃を与え、債務返済能力を損なうとの懸念が浮上した。ス トックス欧州600指数は前日比1.8%下落し、スペイン10年国債利回り は6.07%に達した。

シティグループの米クレジット戦略責任者、スティーブン・アント ツァック氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「企業利益か ら財政の崖に至るまで引き続きかなりのリスクが存在し、それが信用市 場全体に影響している」と指摘した。

原題:U.S. Corporate Credit Swaps Little Changed as Spain Growth Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE