独連銀総裁:ECBの債券購入は景気回復妨げの恐れ-スイス紙

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁はECBの債券購入プロ グラムについて、ユーロ圏各国政府による改革実施への圧力を弱めるも のとなれば、域内の回復の妨げになる恐れがあるとの見解を示した。ス イス紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZZ)とのインタビ ューで明らかにした。

同総裁はインタビューで、競争力の欠如や各国の財政政策に対する 信頼喪失といった構造上の問題を解決する上で債券購入プログラムが適 切な手段なのか疑問を呈した。同総裁はECBによる無制限の国債購入 に反対している唯一の政策委員会メンバー。

また同総裁は辞任を検討したとの報道について、辞任は選択肢では ないと語った。

原題:ECB’s Bond Buying May Hinder Reforms, Weidmann Tells Zuercher(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE