スペイン:財政赤字拡大しているが目標は達成へ-予算担当次官

スペイン政府は、税収の落ち込みに 加え地方政府と社会保障制度への資金移転によって1-8月の中央政府 の赤字は拡大したものの、財政目標は達成するとの立場を表明した。

クラス予算担当次官は25日にマドリードでの記者会見で、「赤字が うまくコントロールされているのは間違いない」とし、国家財政には向 こう数カ月のうちに歳出減と税収増といった状況が見られるとの見解を 示した。

同日発表された財政収支によると、利払いコスト上昇や年金支給、 社会保障制度と地方への資金移転を背景に、1-8月の歳出は前年同期 比8.9%増加した。税収は所得税増税にもかかわらず、前年同期比4.6% 減少した。

1-8月の中央政府の財政赤字は国内総生産(GDP)比4.77% と、前年同期の3.81%から拡大。これは政府の通年目標を上回る。欧州 連合(EU)が設定している上限(6.3%)にも接近しつつある。

原題:Spain Says Budget Under Control Even as Spending, Deficit Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE