バークレイズを米信用組合庁が提訴-MBS販売めぐり

クレジット・ユニオン(信用組合) の監督当局である米信用組合庁が、英バークレイズの投資銀行部門をカ ンザス州の連邦裁判所に提訴した。同部門による住宅ローン担保証券 (MBS)の販売が金融機関2社の破綻につながったと主張している。

同庁は裁判所に25日提出した訴状で、バークレイズの投資銀行部門 はUSセントラル・フェデラル・クレジット・ユニオンとウェスタン・ コーポレート・フェデラル・クレジット・ユニオンの2信組に5億5500 万ドル(約430億円)余り相当のMBSを販売する際に虚偽の説明を し、州および連邦法に違反したと訴えた。

訴状によれば、バークレイズは引き受けのガイドラインを順守せ ず、問題のMBSに関係する不動産の価値を「日常的に過大評価」して いた。

同庁のデビー・マッツ理事長は発表文で、バークレイズの行為が一 因で「2つの信用組合が破綻し、信組業界全体が危機に陥った」と指摘 した。

バークレイズの広報担当マイケル・オルーニー氏は訴状に関してコ メントを控えた。

原題:Barclays Unit Sued by Credit Union Regulator Over Securities (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE