NY銅:上昇、米住宅価格の上昇で需要回復期待高まる

25日のニューヨーク銅先物相場は、 中国経済に安定化の兆しが見えたことや米住宅市場にさらなる回復が見 られたことで、需要拡大の期待が膨らみ上昇した。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが発表した8月の中国の景 気先行指数(速報値)は過去7カ月で最大の伸びを示した。また、7月 の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅 価格指数は前年同月比1.2%上昇となり、2010年8月以来最も大きな伸 びとなり、ブルームバーグがまとめた市場予想も上回った。また、9月 の米消費者信頼感指数が7カ月ぶりの高水準となったことも銅相場を押 し上げた。

キングズビュー・ファイナンシャル(シカゴ)のストラテジスト、 マット・ジーマン氏は「市場参加者がきょう発表された経済指標を好感 したのは間違いない」とした上で、「米経済は期待されているペースよ りゆっくりだが引き続き回復しており、銅相場はそうした回復のバロメ ーターになっている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前日比0.7%高の1ポンド=3.7585ドル。銅先物相場は 今月に入り、各国中央銀行の景気刺激策が成長を促進するとの見方か ら8.7%上昇している。

原題:Copper Advances as Gains in U.S. Home Prices Buoy Demand Outlook(抜粋)

--取材協力:Helen Sun.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE