NY金:反発、日米の金融緩和で需要増の思惑-価値保存手段

ニューヨーク金先物相場は反発。主 要中央銀行の金融緩和が価値保存としての金の需要を高めるとの思惑か ら買いが入った。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は13日に量的緩和第3弾を表 明、日本銀行は19日に資産購入を増額すると発表した。コメルツ銀行の 商品調査担当責任者、オイゲン・ワインベルク氏は25日、ブルームバー グ主催の会議で、金が来年に1オンス=2000ドルに上昇する可能性があ ると発言した。経済リスクがその主な理由という。

ヘレウス・プレシャス・メタルズ・マネジメント(ニューヨーク) のトレーダー、フレッド・シェーンスタイン氏は電話インタビューで、 「一連の中銀発表を受け、金は上昇している。依然として強気トレンド にある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.1%高の1オンス=1766.40ドルで終了した。年初から は13%高。

原題:Gold Rises on Bets Fed, BOJ Stimulus Will Increase Metal Demand(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE