電気自動車の米テスラ、株価下落―売上高予想の引き下げを嫌気

25日の米株式市場で米電気自動車 (EV)メーカー、テスラ・モーターズの株価が下落、2カ月ぶりの大 幅安となった。部品供給業者の問題やセダン「モデルS」の増産が遅れ ていることを理由に売上高見通しを引き下げたことが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。