米消費者信頼感指数:9月は70.3に上昇、今年2月以来の水準

9月の米消費者信頼感は株価上昇な どを背景に予想を上回る上昇を示し、今年2月以来の高い水準となっ た。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した9月の消費者 信頼感指数は70.3と、前月の61.3から上昇した。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想の中央値は63.1だった。

キャピタル・エコノミクスの米国担当チーフエコノミスト、ポー ル・アシュワース氏は「過去1カ月間ほどの株価上昇が消費者信頼感指 数を押し上げた要因のようだ」と指摘した。

項目別に見ると、現況指数は50.2と前月の46.5から上昇した。今後 6カ月間の期待指数は83.7と、2月以来の最高だった。ただ、同指数は 今回の緩やかな景気回復局面では、2011年2月の97.5をピークに下降ト レンドを描いてきており、今年2月(88.4)をなお4.7ポイント下回って いる。

今後6カ月間で雇用が増えると回答した比率は18.5%と、前月 の15.8%から上昇。今後6カ月に所得が増加すると回答した比率 は16.3%と、年初来の最高だった。前月は16%だった。

ください。

原題:Consumer Confidence in U.S. Increases to a Seven-Month High (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE