ドラギ総裁:行動の欠如が最も危険-ECB政策の正当性主張

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は25日、何もせずに状況を見守るという選択肢を取っていれば危険な ことになっていたとして、ドイツ連邦銀行が反対するECBの国債購入 計画の正当性を主張した。

同総裁はベルリンでドイツの企業幹部らに、「何もせず、全てを拒 否して共通の金融政策を損なうか、あるいは行動するか、そのどちらか だ」とし、「安定に対する最大のリスクは行動ではなく、行動しないこ とだ」と語った。ドラギ総裁は「すべてを拒否して」の部分で、「ナイ ン・ツ・アレム」とドイツ語で話した。

独連銀はECBの国債購入が金融による財政ファイナンスと同義だ として、反対を公言している。

ドラギ総裁は「われわれはユーロ圏の存続に関する根拠なき不安を 取り除くことによって、物価安定を確実にする行動を取ってきた」と し、「これらの行動が金融市場のセンチメントを支えていることには疑 いの余地がない」と述べた。しかしながら「ECBの措置はより安定し た未来への橋渡しをするだけだ」とし、今後に向けて最重要の課題とし て、今の目先の改善によって各国政府の改革実施への決意が「弱まるの ではなく、強まるようにすることだ」と論じた。

ドラギ総裁は、ECBが行動するのは対象国の政府が欧州の救済基 金に支援を要請し条件に同意した場合に限ると繰り返した。

改革と条件は必要不可欠

スペインのラホイ首相は条件の詳細を見極めようとして、支援要請 の意思を明確にしていない。サエンスデサンタマリア副首相はこの日、 ECBが国債購入に費やす金額を知る必要があると発言した。

ドラギ総裁は「改革と条件なしには、ECBの介入が効果を表すこ とはなく、信頼されることもない」として、同中銀の「措置は各国の改 革が伴って初めて奏功する」と述べた。

同総裁はさらに、財政赤字の削減や競争力の強化で各国は前進して いるとして、ユーロ圏経済は来年プラス成長に復帰するはずだと述べ た。「私の固い信念であり私が今日伝えたい中心的なメッセージは、政 策担当者が改革実施の方針を堅持する限り、われわれが向かう方向につ いて楽観する多数の理由があるということだ。ユーロ圏の基盤を強化す るために、あらゆる面で前進している」と語った。

ただ、「現在のセンチメント改善は、全てが解決したことを意味し ない」とくぎを刺した。

原題:Draghi Swipes at Bundesbank’s ‘No to Everything’ Stance at ECB(抜粋)

--取材協力:Tony Czuczka、Jeff Black、Stefan Riecher、Gabi Thesing.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE