ドラギ総裁:行動の欠如が最も危険-ECB政策の正当性主張

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は25日、何もせずに状況を見守るという選択肢を取っていれば危険な ことになっていたとして、ドイツ連邦銀行が反対するECBの国債購入 計画の正当性を主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。