スイス中銀総裁:フランは対ユーロで下落へ-過大評価続く

スイス国立銀行(中央銀行)のヨル ダン総裁は25日、同国通貨スイス・フランがユーロに対して依然として 「過大評価」されているとして、フラン相場は徐々に下落するはずだと の見解を示した。

ヨルダン総裁はプフェフィコーンで講演し、「対ユーロで1.20また は1.21フランでも、スイス通貨は依然として過大評価されている」と述 べ、「このように過大評価されていることから、スイス・フランは徐々 に下落してしかるべきだ」と続けた。

スイス中銀は今月の政策決定会合で、1ユーロ=1.20フランのフラ ン上限を「断固として」守るとあらためて表明。ヨルダン総裁はこの日 の声明で、この内容を繰り返した。

チューリヒ時間午前11時33分現在、フランの対ユーロ相場は1ユー ロ=1.2093フランで、前日からほぼ変わらず。17日には1.2184フランま で下げ、8カ月ぶり安値を付けていた。

原題:SNB’s Jordan Says Swiss Franc Should Depreciate Over Time (抜粋)

--取材協力:Zoe Schneeweiss.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE