香港株:ハンセン指数、小幅高-通信株やエスプリが高い

香港株式市場では、指標のハンセン 指数は小幅上昇。ドイツの企業景況感指数が低下したことで輸出関連株 が下げたものの、通信株が上昇したほか、衣料小売りのエスプリ・ホー ルディングスも26日の決算発表を控えて値上がりした。

エスプリ(330 HK)は4.3%高。また、投資家が景気との関連が比 較的少ない銘柄を探す中、通信サポートサービス会社の中国通信服務 (552 HK)が1.3%上昇。中国無線科技(2369 HK)も上げた。

一方、欧州が売上高の5分の1を占め、玩具や衣料品を小売企業に 納入するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は0.8%安。また、上 場株式の時価総額が世界2位の証券取引所、香港取引所(388 HK) は2.6%安。ロンドン金属取引所(LME)の買収を賄うため転換社債 を発行する計画が嫌気された。

ハンセン指数は前日比3.98ポイント高の20698.68で終了。一時 は0.2%下げる場面もあった。騰落比率は上昇約2銘柄に対し下落1銘 柄。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%安の9745.40で引けた。

アンプル・アセット・マネジメントの資産運用ディレクター、アレ ス・ウォン氏は、「人々は慎重であり、相場を動かす新たな材料がない ためあまり積極的な動きを取っていない」と指摘。「自信を持つために は再び相場に勢いが出ることが必要だ。すでに米国のQE3(量的緩和 第3弾)が講じられているが市場はそれほど反応しなかった。しばらく 時間がたつと、QE3がだめなら、何が新しい材料になり得るのか、疑 問に思い始めるようになる」と述べた。

原題:Most Hong Kong Stocks Advance as Telecom Shares, Esprit Climb(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE